MIZUGUCHI HOSPITAL 医療法人財団 緑生会 水口病院

  • Image 01
  • Image 01
  • Image 02
  • Image 01
  • Image 02
  • Image 01
  • Image 02

MIZUGUCHI HOSPITAL 医療法人財団 緑生会 水口病院

  • Image 01
  • Image 01
  • Image 02
  • Image 01
  • Image 02
  • Image 01
  • Image 02
  • 株式会社フジテレビジョンに対する訴訟提起のお知らせ(公式)

     医療法人財団緑生会(以下、「当法人」といいます。)は、平成29年10月25日、東京地方裁判所において、株式会社フジテレビジョンに(以下「フジテレビ」といいます。)対し、民事訴訟(平成29年(ワ)第36244号)を提起しましたのでお知らせします。訴訟提起の理由は以下のとおりです。

     フジテレビは、平成28年12月5日、当法人が運営する水口病院(以下「本件病院」といいます。)において勤務していた産婦人科専門医が、母体保護法14条1項が定める指定を受けないまま患者(以下「本件患者」といいます。)に対し人工妊娠中絶手術(以下「本件手術」といいます。)を行ったことについて報道をしました。

     本件患者は、本件手術の6日後に死亡しました。行政解剖の結果、本件患者の死亡と本件手術との間の因果関係は不明と判断されました(なお、その後の警察発表で、因果関係は否定されました。)。しかしながらフジテレビは、関係者に対する取材等を通じ、本件患者の死亡と本件手術との間の因果関係が不明であること、本件手術を担当したのが産婦人科専門医であったことを事前に知りながら、一般視聴者において、①医師の資格を持たない者が患者に対し本件手術をし、②その結果、本件患者が死亡したと認識される構成で、上記報道をしました。

     また、同月6日、本件患者の遺族が、本件病院で勤務していた医師数名を業務上堕胎罪で刑事告訴したことを報告する記者会見を行いました。報道各社によれば、この記者会見において本件患者の遺族は、本件病院から胎児が育っていないため人工妊娠中絶手術を勧められたとの発言をしたとのことです。

     しかしながら、そのような事実はありません。フジテレビは、本件患者の遺族から、当法人が開示した医療記録を取得しており、そのことを事前に知っていたにもかかわらず、同日以後、概要「本件患者は、本件病院から胎児が育っていないと診断され人工妊娠中絶手術を勧められたことから、本件手術を受けた」との趣旨の報道をしました。

     胎児が育っていない場合、当面経過観察とし、胎児の心拍がなくなった段階で流産手術をすることが一般的です。上記報道は、このような一般的な対応を本件病院がしなかったことを公表したものです。この報道により、インターネット上では、本件病院が対応を誤ったのではないか、あえて人工妊娠中絶手術を受けさせることで、流産手術をする場合と比較して高額の医療費の支払いを受けようとしたのではないかとの意見が多々見られることとなりました。

     これらの報道を受け、インターネット上で「殺人病院」などと揶揄され、本件病院の名誉は回復不能な程度に毀損されました。その結果、本件病院は廃止を余儀なくされました。また、当法人の経営も立ち行かなくなり、既に東京都に解散の認可申請をしています。

     本件病院に母体保護法違反があったことは事実であり、この点は弁解の余地のないものです。しかし、そうであるからといって、真実でない事実が真実のように受け止められる内容の報道をされることを受け入れなければならない理由はありません。上記フジテレビの各報道は、当法人にとって全く受け入れがたいものであり、今なお強い憤りを感じています。そのため、当法人はフジテレビに対し、冒頭で述べた訴訟を提起しました。

     近時、医師法違反に関する報道について、フジテレビがBPOから放送倫理違反を指摘がされたとの報道がされました。報道後の混乱のため、当法人はBPOに対する申立てをすることができませんでした。しかし、申立てを行っていれば、放送倫理違反が認定される可能性は十分あったものと考えています。

    平成30年2月21日 
    医療法人財団緑生会 水口病院

  • 水口病院妨害サイト

    1 ウェブサイトの概要
     数年前から、インターネット上で「水口病院口コミ_水口病院評判_新生児死亡」と題するウェブサイト(URL:http://www.mizuguchi-hospital.com/。以下「本件サイト」といいます。)が公表され続けています。本件サイトは、当法人が運営していた水口病院(以下「本件病院」といいます。)において、医療過誤により新生児(以下「本件新生児」といいます。)が死亡したことを公表するものです。

    2 本件病院に医療過誤があったとする部分は真実でないこと
     本件新生児の両親は当法人に対し、医療過誤を理由とする民事訴訟を提起しましたが(東京地方裁判所立川支部平成25年【ワ】第2440号)、同訴訟では本件病院に医療過誤がなかったことを認め、平成28年2月29日、裁判所は両親の請求を棄却しました。そして、両親が控訴しなかったため、この判決は確定しています。したがって、本件サイトに記載されている事実の内、本件病院の医療過誤により本件新生児が死亡したとする部分は真実ではありません。

    3 本件新生児の父親が本件サイトの削除に応じないこと
     当法人は、本件新生児の父親に対し、上記医療過誤訴訟が係属していたころから、本件サイトを削除するよう求めてきました。しかしながら、父親は、本件サイトの管理権を第三者に譲渡したため削除義務がないなどと主張し、当法人の求めに応じませんでした。

    4 本件サイトの内容のほとんどを削除すべきとする判決が下されたこと
     そこで、当法人は上記医療過誤訴訟の判決確定後、本件サイトの管理者と推認される本件新生児の両親に対し、本件サイトを削除することを求める民事訴訟を提起しました(東京地方裁判所立川支部平成28年【ワ】第1751号)。
     の訴訟においても本件新生児の両親は、本件サイトの管理権は中国人に譲渡しており、自身は管理していないなどと主張しました。しかし、裁判所は、本件サイトの一部とほとんど同じ内容のビラを本件病院内にいた無関係の患者に交付して回ったことや、本件サイトの管理権が第三者に譲渡されたとする日より後に、本件病院の対応によっては本件サイトを閉鎖すると述べたことなどの事情から、本件サイトの管理者が本件新生児の父親であることを認めました(他方で母親は管理権者ではないと判断されました。)。
     そして、本件サイトの内容については、医療過誤訴訟の確定判決の内容に反する部分は、いずれも真実に反するというほかなく、また、確定判決で判断された事項を蒸し返して投稿をすることは、特段の事情のない限り、公共の利害に関する事実でもなければ、もっぱら公益を図る目的に出たものでもないというほかないと判断し、本件サイトそのものの削除は認めなかったものの、その内容のほとんどを削除する義務が父親にあることを認める判決を下しました。
     なお、その後父親が控訴したため、この判決は本日現在確定していません。しかし、確定判決により否定されたにもかかわらず、今もなお本件病院に医療過誤があったと公表することは到底許されるものではありません。そのため、当法人はこの判決が覆る可能性は極めて低いと考えています。

    5 本件サイトにより本件病院の名誉が毀損されたこと
     先般プレスリリースをした人工妊娠中絶手術に関するマスコミ報道の際、本件サイトの存在が注目され、本件病院が過去にも医療過誤により患者を死亡させたなどと指摘されました。このことにより本件病院の名誉は著しく毀損されました。
     医療過誤訴訟の判決が確定したのは平成28年2月頃のことです。そのため、本件サイトが速やかに閉鎖されていれば、上記マスコミ報道(平成28年12月)の際、本件サイトが一般閲覧者の目に触れることはありませんでした。そのため、当法人としては、本件新生児の父親の行為が極めて悪質なものと考えています。
     当法人としては今後、本件新生児の父親に対し、謝罪広告を求めるなど、さらに毅然とした対応を取る所存です。裁判所の判決が下されるなどの進展があったときには、適時に本件病院ホームページ上で、その内容を公表します。

    平成30年3月19日 
    医療法人財団緑生会 水口病院

  • 元職員の皆様へ

    医療法人財団緑生会 水口病院は、株式会社フジテレビジョンに対し、名誉棄損にもとづいて、訴訟提起しました

    医療法人財団緑生会 水口病院(以下、「当法人」と言います)は、平成29年10月25日、株式会社フジテレビジョン(以下「フジテレビ」と言います)に対し、名誉毀損被害にもとづいて損害賠償請求訴訟を提起いたしました。
     これは、平成28年~平成29年にかけて、フジテレビが当法人による医療行為について、事実無根の誤った報道を行い、当法人に対する甚大な風評被害をもたらしたことを理由とするものです。

    この記事では、フジテレビによる当時の報道がいかに不当で誤っており、悪意に満ちていると捉えられても仕方がないものと言えるか、また当法人がそれによって被った不利益がいかほどのものであったかについてご説明します。

    1.訴訟の概要

    当法人は、平成29年10月25日、東京地方裁判所において、フジテレビに対し、名誉毀損にもとづき、損害賠償請求訴訟(平成29年(ワ)第36244号)を提起しました。
    この訴訟内で、当法人は同社に対し、損害賠償請求及び謝罪広告を求めています。

    その理由を、以下でご説明します。

    2.問題になった事実関係

    まずは、どういった事実が報道の対象となったのか、事実関係を整理します。
    平成28年12月5日、当法人が運営する水口病院において、産婦人科医が、母体保護法14条1項が定める指定を受けないまま、当院にかかっていた患者(以下「本件患者」といいます。)に対して人工妊娠中絶手術(以下「本件手術」といいます。)を行いました。
    中絶手術自体は、本件患者が希望されたものであり、特段当院からのはたらきかけをしたものではありません。
    また、施術した医師は、母体保護法による指定を受けていなかった点において問題はありましたが、当然、産婦人科医の医師としての資格を取得していたもので、水口病院の勤務医でした。この医師は、「産婦人科専門医」であり、かつ「産婦人科指導医」でもあった人物です。

    本件患者は、本件手術の6日後に急死しました。
    死亡原因を究明するために行政解剖が行われましたが、死亡と本件手術との間の因果関係は認められず、その後の警察発表においても、因果関係は明確に否定されています。
    つまり、本件患者の死亡は、水口病院における本件手術とは無関係なことが明らかになっているということです。

    3.フジテレビによる違法不当な報道内容

    ところが、フジテレビは、当時の経過について、以下のような、誤解に満ちた、悪意ともとれる報道を行いました。

    3-1.医師の資格を持たないものが施術したと発表した
    まず、フジテレビは、上記の水口病院における本件手術は「医師資格を持たない無資格のものが行った」と報道しました。
    これを受けて、当時の多数のマスコミが、そろって「無資格のものが中絶手術をした」などと大々的に報道し、水口病院の評判は大きく低下しました。しかし、先に説明したように、水口医院で本件手術を行ったのは「産婦人科医」の資格を持った「医師」であり、しかも「産婦人科専門医」で、かつ「産婦人科指導医」でもあった経験豊かな有資格者でした。確かに母体保護法による指定を受けていなかった点において問題はありましたが、無資格のものが医療行為をするなどの重大な違法行為は、断じて行っておりません。それにもかかわらず、フジテレビを始めとする各報道機関はあたかも水口病院において、無資格医療が横行していたかのような報道を繰り返しました。このような事実が存在しないことは、少し調べればすぐに分かることであるのに、それをせずに「話題性作り」のために誤った報道をし続けたことは、明らかに当院の名誉を毀損する違法行為です。

    3-2.当院が、人工妊娠中絶を勧めたと報道した
    フジテレビは、本件手術が行われた経緯について、水口病院から本件患者に対し「胎児が育っていないので、中絶した方が良い」と勧めたから、本件患者が中絶手術に踏み切った、と報道しています。つまり、平成28年12月7日、本件患者のご遺族様による記者会見が行われ、それを受けて報道各社は一斉に「水口病院が『胎児が育っていない』と診断したため、中絶手術を実施した」と発表したのです。
    そして、そのことが本件患者の死亡につながったかのような発表をして、日本中で話題になりました。インターネット上では、本件病院が、あえて人工妊娠中絶手術を受けさせることにより、流産手術よりも高額な医療費の支払いを受けようとしたのではないかとの憶測の意見が多々見られる状態になりました。

    しかし、このようなことはまったくもって、事実無根です。
    本件事件において、水口病院のどの医師も関係者も、本件患者やご家族に対し、「胎児が育っていない」とお伝えした事実はありません。また、患者やご家族に対し中絶手術を勧めた事実もありません。
    中絶手術は、あくまで本件患者ご本人が希望されたことです。

    そもそも、「胎児が育っていないから中絶手術をする」ということは、医学的に非常識です。
    実際に胎児が育っていない場合、当面は経過観察とし、胎児の心拍がなくなった時点で流産手術をするのがセオリーだからです。このようなことは、医学界の基本の常識であり、水口病院が間違った対応をするはずがありません。また、流産手術であれば、母体保護法の指定医師が担当する必要もありません。当院には3名の母体保護法指定医がいましたが、当日はたまたま指定医が体調を崩して執刀できなかったので、代わりに別の産婦人科医が執刀したのです。それにもかかわらず、フジテレビを始めとした報道各社は、あえて水口病院が人工妊娠中絶を行ったかのような誤解を与える報道を行い、当院の患者様をはじめ、出産を予定している方や既に出産している方々の混乱を招き、不快感、不安感を与えました。

    ネット上でも、「本来は流産の措置で良かったのに、水口病院はあえて人工妊娠中絶を行ったのではないか」などの憶測の投稿が広くみられるようになり、当院の評判は大きく低下しました。このように、事前に何らの検証をすることもなく、話題性作りのために「病院が『胎児が育っていない』ことを理由に人工妊娠中絶手術を勧めた」と断定して報道したことは、明らかに違法です。

    3-3.中絶手術と本件患者の死亡の因果関係についての誤報
    冒頭に説明したように、本件患者は本件手術の6日後に死亡していますが、最終的に行政解剖により、手術と死亡の因果関係が否定されています。監督官庁や捜査機関からも、因果関係があると指摘されたことは一切ございません。当法人は、その結果が出たときに、直ちにご遺族に対しその解剖記録を開示して、手術と死亡に因果関係がなかった事実について、資料をもってお伝えしました。

    それにもかかわらず、平成28年12月5日、本件事件を当初に報道したフジテレビの「みんなのニュース」では、アナウンサーやナレーターなどの出演者たちが、あたかも「水口病院における中絶手術によって患者様が死亡した」と視聴者等が誤解しやすい番組構成で、放送を行いました。
    たしかに、ところどころ「因果関係は不明」などと、申し訳程度に断りをいれてはいましたが、因果関係が不明ならば、ニュースの冒頭で本件患者の中絶手術に関する場面を放送する必要などはないはずです。これをあえて放送した理由は、中絶手術によって患者様が死亡したものであることを、視聴者等に印象付けようとしたからとしか考えられません。

    実際には、「みんなのニュース」を監修する医療ジャーナリストは、番組の報道前に当院に取材に来ましたが、そのとき、同ジャーナリストは、既に本件患者の診療記録に目を通していましたし、中絶手術と本件患者の死亡との因果関係が不明であることも理解していました。さらに、中絶の理由(当院が勧めたわけではない)についてもご存じの様子でした。つまり、フジテレビは、事実に沿った報道をすることが可能であったのです。
    それにもかかわらず、平成28 年12 月5 日に放送された「みんなのニュース」では、上記のように、あたかも「水口病院における中絶手術によって本件患者が死亡した」と印象づける報道を行い、その後も「水口病院が『胎児が育っていない』として、本来不要な人工妊娠中絶手術を勧めた」「医師免許のない無資格者が措置を担当した」などと報道し、日本中に、水口病院が違法不当な措置によって、本件患者を死亡させたかのような誤解を植え付けました。このような報道機関の態度が違法不当でなければ、何と表現すれば良いのでしょうか?

    4.水口病院及び当法人が被った、回復不可能な損害

    以上のようなフジテレビによる悪意に満ちた誤報の繰り返しにより、水口病院の評判は回復不可能な程度に毀損され、ついには廃院に追い込まれました。
    すなわち、マスコミ各社の対応を受けて、インターネット上などで、おもしろ半分の悪意に満ちた第三者たちが、水口病院のことを「殺人病院」などと揶揄したことなどにより、水口病院に対する世間の信用は地に落ちてしまいました。
    このことで、病院経営の継続が困難となった上、当法人の経営すらも立ち行かなくなり、既に東京都に解散の認可申請をしています。(2018年2月認可済)

    5.当法人は、フジテレビに対し、厳正なる処分を求めます

    以上のとおり、フジテレビの「みんなのニュース」を発端とする本件事件に関するマスコミ各社の対応は、事実無根の報道によって水口病院の名誉を大きく毀損し、莫大な損害を与える違法不当なものです。
    ① 医師資格のない者が人工妊娠中絶手術をした
    ② 本来人工妊娠中絶手術の必要のない人に、病院があえて手術を勧めた
    ③ 人工妊娠中絶手術により、患者が死亡した

    フジテレビは、上記の3つの重大な点において、明らかに誤った報道を繰り返しています。
    少し冷静になって検証すれば、上記の3点がすべて誤りであることを容易に把握できたはずであるのに、過失かあるいは故意にもとづいて、誤った内容を報道し続け、世間を煽り続けたのです。
    そのせいで、一民間企業に過ぎない、水口病院が廃院に追い込まれ、当法人が解散の申請をよぎなくされています。

    マスコミは、民間企業ではありますが、視聴者等の知る権利に奉仕するための、いわば半公共的な機関です。世間に大きな影響を与える強力な影響力を持っており、常にそのことを自覚しておくべきです。このような公共の役割を持つマスコミが、話題性維持や結論ありきで十分な取材や検証を行わず、視聴者等を誤らせる報道を繰り返し、世論を混乱させて病院を破綻に追い込むことは、明らかに「報道の自由」の範疇を超えて他者の権利を侵害するものと言え、違法かつ不当で、許されるものではありません。
    当法人は、本件訴訟においてこの点を公開法廷の場にて明らかにし、フジテレビに対する責任追及を徹底して行っていく所存です。

    なお、フジテレビは、情報番組である「とくダネ!」においてもBPO (放送倫理・番組向上機構。正式名称はBroadcasting Ethics & Program Improvement Organization)から放送倫理違反を指摘がされた事実が明らかになっています。同社は、上記番組において医師法違反事件の容疑者を別の人物と取り違えて報道したのです。
    フジテレビによる報道内容は、BPOからも問題視されていることが、推測に難くありません。

    当法人は、本件当時の混乱によって時期を逸してしまったものですが、もし当時にBPOに対して申し立てをしていれば、上記「とくダネ!」にあった医師法違反の人物の取り違え問題と同様に、フジテレビによる放送内容が「放送倫理」に反しているとして、とりあげられていたであろうと考えております。

    平成30年4月19日 
    医療法人財団緑生会 水口病院